「広報部、無くて泣くのは経営者」 大手や有名企業、飛躍している企業には、必ず優秀な広報部があるたった一つの理由!

レポート

実施結果


ご覧いただきありがとうございます。

本セミナーの講師を務めさせて頂く、大久保 じん(PRSJ認定PRプランナー、RMCA認定上級リスク診断士)です。

なぜ、「広報部、無くて泣くのは経営者」なのでしょうか?

世界二次大戦後、当時帝国主義だった日本に民主主義を浸透させたのは、広報の力でした。
全国、全ての自治体に広報部があるのはその名残とも言えます。
それを体感で分かっていたから、今や大手となった企業はスタートアップや中小企業の頃から広報に取り組んで、今の姿になったのです。

▌このセミナーはこんな経営者の方に向いています。

・業績が伸び悩んでいる。
・思ったような採用ができない。
・離職率を下げたい。
・金融機関や投資家と上手く付き合いたい。
・メディアに注目されたい。

実は、これらの課題の原因は、たった一つなのです。
それは何でしょうか?
本セミナーでは、その原因を知り、解決する方法を解説します。

▌当日のプログラム

・自己紹介
・御社の経営課題はなんですか?
・なぜ、広報部が無いと経営者が無いと泣くことになるのか?
・経営者がすべきたった一つ目指すべきこととは?
・昔から変わらない「情報発信の基本設計図」とは?
・日本の広報のはじまりとは?
・広報の本当の!目的とは?
・広報の本来の!実務とは?
・広報をDXする方法とは?
・広報を始めるには?

※プログラムは、予告なく一部変更になることがあります。

▌広報部がある企業とない企業


さて、ご存知の方も多いかと思いますが、大手企業や有名企業、そして上場を目指しているような飛躍している企業には、必ず優秀な広報部があります。大手や有名になっても、尚広報を地道にやり続けています。


その理由は簡単です。経営に欠かせない重要な機能の一つだからです。

もしかしたら、あなたは、広報やPRというと報道されることを目的とした部署、またはSNSの運用やイベントの開催を担当している部署だと認識されてるかもしれません。

確かに、それも一つの機能ではありますが、本筋ではありません。

そもそも、メディアとは企業の告知媒体ではありません。ですから、報道されても思った通りの成果には繋がりません。
SNSで、経営が大きく完全するなら失われた30年は10年で終わっていたはずです。
残念ながら、どちらも「魔法の杖」ではありません。

では、優秀な広報部とは何を目的に、日々何をしているのでしょうか?
それが分かれば、多くの課題を解決することも、そして成長の原動力となることは間違いありません。

昨年、大きな事件となってしまった大手中古車販売事業者には広報部がありませんでした。
事件となった後に、遅ればせながら広報部を設置しましたが、時遅しでした。
広報部がない企業は、危機や不祥事にも弱いことが露呈した事例です。

あなたの会社はいかがでしょうか?広報部、または担当者を設置していますか?

▌広報DXと人材育成


広報の世界にもDXの波は来ています。

これまでよりも、早く、簡単に、広報部を立ち上げることができるようになりました。
ただし、優秀な広報担当者がいなければ優秀なツールやシステムがあっても機能しません。
本セミナーでは、広報DXについてや、広報人材の育成についても解説します。

▌講師からひとこと
広報人倶楽部 (株式会社AGENCY ONE) 大久保仁(PRSJ認定PRプランナー RMCA認定上級リスク診断士)
40歳までは一環して営業職。その後PR業界に転職。PR業界にお世話になって17年。数多くの失敗を経験し、そのたびに広く深く勉強させていただく機会に恵まれました。
そこで気づいた「広報の重要性」と「情報発信のスキルとノウハウ」を、今回のセミナーで大公開します。
少しでも興味のある方は、無料ですので、ぜひ気軽にご参加ください。

登壇・出演者

  • 大久保 仁
    株式会社エージェンシー・ワン
    PRSJ認定PRプランナー RMCA認定上級リスク診断士

2024年2月7日(水)
17:00~18:30

タイプ
セミナー・ワークショップ
カテゴリー
開催場所
ONLINE(https://us06web.zoom.us/j/3206040591)
定員
10名

チケット

無料チケット
無料
イベントは終了しました。
使用言語
問合せ先
ご質問、キャンセルなどのご連絡はこちらへ info@agency1.co.jp

主催

  • 広報人倶楽部