保育・夢・男dyism

活動拠点 滋賀県大津市
紹介 滋賀県社会福祉協議会の縁架け橋プロジェクトで集った県内の男性保育者が自主的な研修を目的に立ち上げた「保育・夢・男dyism」。
『保育と〇△□』をキーワードに、つながりあい語り合うことからお互いに響き合える活動を進めています。
保育の歌や歌あそびを創作し発信する育メン保育士、子どものあそび・文化に熱い40代、子育ての面白さを実感しているバスケ男子、デザインや生き方にこだわるクリエイター、障がい者とともにまちづくりをする法人代表、大学院で学び直すオヤジ、ここにしかない個性が集まっています。
PR 保育に関わることは勿論、他業種とつながり様々な視点から保育を照らすことも大切にしています。男性保育者は社会的マイノリティだからこそ性別も職種も超えてつながり、多様性と社会的包摂の「これから」を発信していきます。オンラインを活用し、滋賀県から全国、世界の仲間とお互いに発信し合い学びあえる機会も模索しています。
<キーワード>
保育・福祉・男性保育者・幼児教育・障害・発達保障・音楽・あそび・農業・子ども・子育て・子育て支援・保育園・認定子ども園・幼稚園・世界の保育・インクルージョン・SDGs・仲間づくり・笑顔
連絡先 保育・夢・男dyism
Mail:hoiku.yume.dandyism@gmail.com
URL

開催日 イベント名 役割 おすすめ
2020年8月8日『保育と障がい福祉 On-Line合宿≪2020夏≫』by保育・夢・男dyism×近江Fukushi大学主催0