和菓子作り体験

和菓子職人による食べるアート作り体験。

長い歴史を持ち、四季や土地柄を映して多種多様に発展した和菓子には、日本文化のエッセンスが凝縮しています。そんな和菓子の魅力を堪能していただくイベントを開催しました。講師には最近の和菓子会界で活躍されている広島の和菓子店「旬月 神楽」店主の明神宜之(みょうじん のりゆき)氏を迎え、「和菓子と日本」をテーマに和菓子の歴史、材料、道具、種類などをレクチャーいただき、さらに食べるアートと題して、伊藤若冲の群鶏図をモチーフにした和菓子を各自作り、参加者同士で交流しながら、試食を行うイベントでした。

①和菓子について

和菓子の歴史、材料、種類について説明を受けました。和菓子は日本の恵まれた自然の恩恵を受け、四季折々の風情に合わせて作られてきました。日本人は誕生からこの世を去るまで、節目の度に和菓子と出会います。和菓子には一生の慶びと悲しみが豊かに盛り込まれています。

②和菓子作り

和菓子は職人さんの想像性が光る作品で、今回は伊藤若冲の群鶏図をモチーフにした和菓子を作りました。

③和菓子食べ比べ

各自で作った和菓子と職人さんの作った様々な種類の和菓子の食べ比べを行いました。

 

④参加者の声

http://www.ecozzeria.jp/events/special/post-85.html